メールテクニック

疑問文ばかりでメールしてはいけない

メールテクニック

カールです。
あなたも、女性とメールすることってありますよね?
その時に、疑問形でメールした時しか返事がない場合
どうすればいいと思いますか?

 

その問題は、相手の女性が疑問に思いそうなことを
メールすることによって解決されます。
相手の女性が
「なんでかな?」
「どうしてだろ?」
と、疑問に思うような内容さえメールすれば
疑問形ではないメールにも反応が出てきます。

 

たとえば
あなた「オレ、実はめっちゃ太ってもてさー。
1年で10キロ太ったから、
3ヶ月かけて8キロダイエットしてんよ。
○○は、ダイエットの経験とかある?」

とメールを送ると。

女性「え?どううやって8キロも痩せたの?」

と、疑問を持つわけです。
こういった、『ふと、なんでかな?』と思うことを
相手の女性にどんどん投げかけることによって、
会話のキャッチボールはが成立するようになってきます。
疑問に思うようなことを投げかけずに

『疑問文を投げかける→その疑問に答える』

こんな会話のキャッチボールでは、
すぐに終わってしまいます。

 

恋愛マニュアルやノウハウなんかには
『疑問文を送れ』
と、たくさん書いてあります。

ですが、疑問文ばかりに頼らないことが重要です。
ずっと疑問を投げかけて、
女性がそれに答えるコミュニケーションばかりだと

 

お互いに仲良くなろうとしているのではなく
男性が必死に興味を引こうと頑張っている
だけになります。
どういったモノか、
ダメな具体例はこちら。
あなた「電気のメーカーで働いててさ、
外国出張ばっかりやねん。
○○は、どんな仕事してるん?」

これだと、自分のことをちゃんと紹介しているので
質問の答えしか帰ってきません。

 

では、良い具体例ですが

あなた「世界中巡るのが仕事みたいなもんだよw
中国とかインドばっかりやけど^^
○○は何の仕事してるん?」
こうすることによって
「え、何の仕事してるの?」
と疑問に思ってくれます。

 

他にも具体例をいくつか挙げておきます。
あなた「俺、普段日本中飛び回ってて、
色々な場所にいけるから
すごい毎日が充実してるよ」

女性 「え?普段、何してるの?」

あなた「長距離ドバイバーやってるよ」

こういった風に、最初から答えをいうのではなく
女性が興味を持つように会話を組み立てます。

毎回なぞなぞを出している感覚ですね。
他には

あなた「今日、朝起きたら雪降ってて
めっちゃビックリしたわ」
*大雪の写メ付きメール

女性 「え?すごくない!?どこいってるん?」

写メを使って、疑問を持たせるのも使いやすいです。

 

 

他には

あなた「●●ちゃんって誰かに似てるな~
って思ったんだけど言ってもいい?」

女性 「そーなの?誰~?」

このように、会話のやり取りを楽しみましょう。
たったこれだけで、疑問文を延々送り続ける
つまらない男を卒業できます。

 

この考え方は、メールだけではなく
デートの時も同じです。
デートでどんどん会話がなくなってくる・・・・
それは

男性が疑問文を投げる→それに女性が解答する

こんな会話ばかりしているからです。
男性が疑問文→女性も疑問文→・・・

このようにお互いに質問する関係に
持っていかないといけません。

 

相手の女性に疑問を持たせて、
質問をさせることが何故大切なのか!?

 

わかっていただけたでしょうか。

 

疑問に答えるのは確かに大切ですが
たが疑問に答えるだけでは、
なんの面白みもない『フツーの』男です。

 

そこを、女性が疑問を持つような
会話を心がけるだけで
楽しい男、
面白い男、
ユーモアのある男、
と思われるようになります。

ここからは初めてブログにやってきた人に必ず読んでいただきたいものです。
さえないおっさんの私でも現役でセックスやり続けている100人以上の女性とセックスした体験から
童貞の男性でもモテるようになるマニュアルを作りました。

101ページのモテマニュアルはこちらからお読みください。

私がガンガン結果を出している出会い系サイトの攻略法を書きました。
相当な数の女性とセックスやりまくれているおっさんでも手順通りにやればセックスできる方法です。

出会い系サイト攻略法こちら

 

やっぱり、会話は楽しくしないと
意味がありませんからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です